染屋のひとりごと

2022年06月03日

弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載

やっとホームページのリニューアルが終わりました。

今までお知らせ出来なかったことを紹介します。

福音館から出版されてる「たくさんのふしぎ」2020年1月号  -うれし  たのし  江戸文様 -  熊谷博人著(絵・文) に弊社の京型紙が8枚掲載されました。

著者の熊谷博人さんは、ブックデザイナーでもあり「和更紗」や「型紙」の蒐集や調査、講演もされている方です。

2012年秋の三重県立美術館で開催されたKAGAMI Style 展 記念シンポジウムにパネリストとして寄せていただいた時に初めてお目にかかりました。この絵本からも伝わってくる様な温かいお人柄です。

 

弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像1
「たくさんのふしぎ」の表紙です 熊谷さんの絵がちりばめられてます
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像2
「やっこ凧」です (P.7)
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像3
「ひな祭り」のデザインです (P.9 P.3)
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像4
このページには6枚あります (P.18 P.19)
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像5
6枚のうちのその1 「タコ」です タコ壺に入ろうとしているのもいます
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像6
その2 「おなら」のモチーフです 放屁合戦ともいいます
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像7
その3 「子ども遊び」です
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像8
その4とその5 「猿蟹合戦」同じテーマで二種類のデザインです P.3にも
弊社所蔵の京型紙が「たくさんのふしぎ」に掲載画像9
その6 「狐の嫁入り」の図柄です

2012年09月30日

京型紙展in東京 写真

京型紙展に出展しました。

京型紙展in東京 写真画像1
京型紙展in東京 写真画像2
京型紙展in東京 写真画像3
京型紙展in東京 写真画像4
京型紙展in東京 写真画像5
京型紙展in東京 写真画像6

2011年12月12日

ローケツの技法 その3

 ローで、線描きして、その中に多色の色さしをして柄を表現するのはよくある技法です。
また、それを総てローで伏せて、地色をつける(引染)ことも、よくあることです。

しかしながら、その線描きとロー伏せの間に、ほんの少し(1mm?)のすきまをあけて、伏せる表現方法を考案した職人さんがおられます。
さし色と線のあいだに地色が入るため、さらに柄全体の表現に深みが出る技法です。

これを「ずぼら伏せ」という名前をつけておられました。

2011年08月27日

型紙更新!

もうすぐ九月、重陽の節句ですので菊尽くしでアップしました。
詳細は次回に。

2011年05月13日

ローケツの技法 その2

 何の更新もしないまま、1年... あっという間に過ぎ去ってしまいました。
その間に大震災、心よりお見舞い申し上げます。

久しぶりに前回の続きを書いて参ります。

前回、いわゆるチャンチン(ジャワのローケツ技法)でローの縞を作るやり方を紹介しましたが、その職人さんが、やはりローを使って、今度はその縞の中に、シルエットを作っておられました。

それは、

  • 1.まず生地を水で湿らせる

  • 2.その上にローで柄を描く

  • 3.当然、描いたローは水分を含んだ生地の上で、急速に冷えるため生地に浸透しない=生地の上にのった状態、になる

  • 4.その上に前回のローの縞を全体におく〔別に縞でなくても、ロー吹雪でも、ローシケ(別の技法で、また紹介しますが...)何でも〕

  • 5.全体を染めると、ロー描きしたところは、そのローがエンブタの代わりになって縞etc、バックはなく地色そのままに染まる

 ということで、シルエットが作れます。普通の紙やビニールのエンブタと違い、筆のタッチが使えるところが、利点ですが、生地のぬらし具合が簡単ではありません‥

‥職人技です。